楽に子育てしたい〜適当育児+妊娠日記〜

10才と1才の息子がいます。10学年差! 子供にプラスで私も楽に生活するには、と試行錯誤する日々や気付きを綴ります。

【1歳2ヵ月】食べる量が多すぎて疲れる!平均って本当に平均!?

1歳2ヵ月の半ばに入り、ただでさえ多かった離乳食の量が激増しました。

1歳4ヵ月の子の平均は、あるサイトによると、こんな感じらしいのですが。
https://hugkum.sho.jp/34607

  • 普通飯 80g
  • 野菜 40~50g
  • 豆腐 50~55g
  • 魚/肉 15~20g

我が息子は、これです。

  • 軟飯(炊飯器で2合の米に、目盛で2合半までの水)150g
  • 野菜 150g
  • たんぱく質(種類による)50g
  • マカロニorソーメン等の麺(野菜に混ぜる)50g
  • バナナ小 1本
  • 1歳用クッキー 1袋
  • 食パンor1歳用パンケーキ 4分の1位

って感じですね。
全部ではないですが、写真だとこんなん。

1歳2ヵ月食事(離乳食)

ご飯を手づかみできるよう、おにぎりにしている最中に「お腹すいたー!」とばかりに号泣するので途中で力尽きました感が満載の食事です(笑)
この時は、これにプラスでヨーグルト50g食べてます。

上から撮ると、少なく見えるな。

全然太ってないし、平均体重だし、これでいいの!?と思いながらあげていますが。

長男は、これにプラスで白米50gと食パン1枚くらい食べて痩せぎみだったので。
今も、痩せぎみ普通体型の小学5年生なので。

大丈夫、長男はもっと食べてた!
というのが、心の拠り所(?)です。

1時間くらい、食事にかかるんで疲れるんですけどね。

しかし、次男。
まだ食べたい時は、ものすごく分かりやすいです。

お腹いっぱいになると、「ごちそうさま?」って聞いたら、ものすごい笑顔で手をパチパチ合わせます。
後ろからよいしょーと椅子から出すために持ち上げても、しっかり椅子の上に立ちます。

それに対して、まだ食べたいと、「ごちそうさま?」と聞いたら、顔をしわくちゃにしてうわーんと泣きます。
絶対にプラスチックスタイを離してなるものか、と握りしめます。
椅子から出すために持ち上げようとすると、全力で拒否します。

ここまでされて、あげないわけには、いかないですよね。。。

今は働いていないから、付き合いやすいんですが。
もし働き始めたら、朝食、大変そう。

考えるだけで、げっそりです。

こういう大変なことが積み重なって、長男の時に「もう二度と産まない!」と思ったんだったかなぁなんて思い出しますね!

年の差育児の、幸せな時間はたくさんあるんですが。

小学5年生の長男。
身長は150㎝を超えて。
体はごつごつと骨ばっていき。
靴はもう25㎝を履いていて。
手の大きさも、私とほとんど変わらない。
顔つきも、すっかり大人びてきて。
髪はごわごわと1本1本が太くなり。
すね毛まで生えている。

もう二度と、あの小さな手足に触れることはできない。
どんなに柔らかかったのか、確かめることができない。
さらさらだったはずの細い髪に、触れることはもうできず。
まるごと全部抱きしめられた小さな身体は、大きすぎて一部しか抱けず、抱いても「邪魔だー」とすぐに逃げる。
もちろん、今も最高に可愛い。
でも、もう一度だけ、一瞬でもいい。
あの小さな小さな存在に、触りたい。

そんな時に、目の前に1歳児がいる!!!

この幸せ感は、半端ないですね!

ま、長男も長男で、たまにゲームの合間なんかに「お母さん、ほっぺやわらかーい!」とか言いながら頬をあわせてきたりするんで、まだまだ甘えっ子ですけど。

なんで、まぁ大変なこともありますが。
だるーい!とか言いながら、てきとーに、ほどほどに頑張ります☆ 

rakuni-kosodate.hatenablog.com 

rakuni-kosodate.hatenablog.com